熊本事業部放送Grで技術局長賞、九州写真記者協会映像コンクール新人賞を受賞!

2019年10月4日 業務紹介

当社従業員が、熊本朝日放送技術局長賞を受賞し、九州写真記者協会映像コンクールにて新人賞を受賞しました。当社では関係先から高い評価を受けた、外部団体より表彰を受けた...等々。
特に優れた功績をあげられた方に会社より表彰を行っております。

表彰を受けた熊本事業部放送Grより報告が届いています。

 


 

部長賞受賞 熊本事業部放送Gr

2018年度九州写真記者協会テレビニュース部門

新人賞受賞

kumamotoblog201908_03

 

事故があった日、別件取材の帰りに報道部から「南熊本駅で車両事故が起こっている」と連絡が入り現場に向かいました。

現場では普通乗用車が改札口に大破した状態で停まっており、待合のベンチや、窓口が崩壊して、一目で事故の大きさが分かるものでした。

駅舎の柱に付いた車と同じ塗装色の傷や、ベンチなど事故によって動かされた物を見落とさずに、少しでも映像で事故の内容を伝えられるように意識して撮影しました。

これからも今回のような突発的な取材の際に映像で表現できるよう努力したいと思います。

 

熊本事業部 放送Gr 豊永 祐翔

 


 

部長賞受賞 熊本事業部放送Gr

熊本事業部放送Grマスター一同

2019年4月21日スーパーベースボール直前情報CM救済

kumamotoblog201908_01

 

この度、熊本朝日放送技術局長賞ならびに熊本事業部長賞をいただき、誠にありがとうございます。

このような評価を頂いたことに感謝いたします。

マスター業務に於きましては、24時間365日絶え間なく放送されているテレビ映像を安定して、ご家庭に届けるために熊本事業部放送Grでは12名のスタッフで運行しております。

放送局の心臓部であるマスターは、ご家庭にテレビ映像を送り出す最終段であり、すべての番組素材が集まります。運用的なトラブル、機械的なトラブルといったあらゆるトラブルに対処しなければなりません。今回、直面した放送トラブルに対処できたことは、日頃から監視業務に対する基本動作が的確に行えた賜物と思います。時が一刻一刻と進むなか発生した放送トラブルに対して、いち早く状況を把握し的確な判断を行い対処せねばなりません。

これを機にマスター一同、放送事故防止に向けて邁進し取り組んでいきたいと思います。

この度は誠にありがとうございました。

2019年6月10日 熊本事業部放送Grマスター一同

 

kumamotoblog201908_02