静岡_関山_2加工
静岡_関山_3.png

入社したきっかけ

専門学校で学んだことを少しでも生かしたいという想いと、元々テレビや動画などの映像コンテンツが好きだったので、何か放送に関わるような仕事がしたいという想いを漠然と持っていました。そんなときにマスターという職種があることを知り、この仕事なら自分に向いているのではと感じ、そこから就職活動を始めました。情報を集めていく内に放送技術がテレビ朝日のグループ会社だということを知り、この会社を受けることにしました。

仕事をする上で大切にしていること

非常時にどう対応するか、ということは考えるようにしています。震災等が起こった時は放送内容がガラッと変わり、マスターで対応しなければ間に合わないこともあります。その時の状況によってやることは変わってくるとは思いますが、心構えだけでもしておくようにしています。また、基本は監視という業務なのでなるべく集中力は切らさないように心がけています。あとは、この仕事に限ったことではないと思いますが、体調管理には気を配っています。

静岡_関山_4.png静岡_関山_5.png

仕事内容について

マスターという放送の監視業務を中心に、放送の最終段として送出機器のオペレーションや、放送データの確認等を行っています。事前に作成されたデータどおりに決められた時間に決められた物を送り出す仕事です。また、放送中のノイズチェック、速報の送出、マスターカットの対応などが主な業務です。録音業務では、CMやお天気番組のナレーション収録、その整音、番組のMA作業もやっています。どちらも放送に直接関わることなので正確性が問われます。 更に、MAではクリエイティブな面もある程度必要になってくるので、そこが難しいところです。「細かなところでも気づけること」は、どちらにも共通していることなのではないかと思っています。

仕事のやりがい

マスターでは、何事も問題なく、いつも通りに放送が出来ていることが一番良いと思っていますので、放送事故に繋がるようなミスに前もって気づき、対処して防げたときは安心します。本来ならミスが無いのが理想的だとは思いますが、人が運営している以上どうしても起きてしまう事もあります。 録音業務では、実際に放送されたものを見て自分が想像していたものとそこまで差異が無かったときでしょうか。録音室で作業している時と実際に放送されているものとでは、聴こえ方が違ってくるので、思っていたよりBGMが小さく聞こえたりするときもあります。 BGMとナレーション、VTR音声の音量バランスが意外と難しいのです。

静岡_関山_6.png

関山 実杏さんのプライベートQ&A

  • 好きな食べ物は何ですか?

    チョコレートとお寿司です

  • 趣味は何ですか?

    ゲームをすること。あまり上手くはないです。

  • オフの日は何をして過ごしていますか?

    家で動画サイトを見ています。

  • 関山 実杏さんのプライベートショット

    静岡_関山_7静岡_関山_8