東京第1_田中_2加工
東京第1_田中_3

放送技術社に入社したきっかけ

大学生時代にカメラアシスタントのアルバイトをしていたのですが、 その時にスタジオで放送技術社の方と一緒に働いたのが会社を知ったきっかけでした。 その後就活を始め、全国の様々なところに展開している事を知り、色々な事を経験できると考えて入社を決めました。実際に入社してからマスターから回線センターと異動があり、多くの経験を積むことができています。また、同じ事業部内でも様々な部署の仕事があるのも魅力的でした。

学生時代の自分

学校では映像・音響の実習のほか、放送の基礎について勉強していました。 芸術系の大学だったので、放送以外にも映画や舞台についても学ぶ機会もあり、色々な業界の話を聞くことができたのはいい経験でした。授業以外ではサークルとアルバイトに熱をいれていました。サークルでは映像作品や音声作品の自主制作をしていました。自分は技術志望だったのでカメラマンや音声を主にしていました。自由に色々な事に挑戦できるのは今思うといい環境だったのだなと思います。また、サークルの友人とは社会人になってからも遊ぶ機会があり、サークルに入ってよかったなと実感します。アルバイトではカメラアシスタントをしていました。放送技術社に入るきっかけにもなったアルバイトでしたが、それ以外にも業界の仕事を学生のうちから目の前で見る事が出来たのでいい刺激をもらいました。学生の時に経験した事や刺激を受けた事は、社会人になってから直接ではなくてもどこかで役に立ちます。就活生の方には就活が終わっていても興味がある事には時間があるうちにどんどん挑戦してみて頂きたいです。

東京第1_田中_6加工20181101東京第1_田中_5201081101

仕事をする上で大切にしていること

仕事では常に余裕を持つ事を大切にしています。回線センターの仕事は急に忙しくなる事がありますが、そういう時にこそ心に余裕があると慌て過ぎずに対応することができるからです。また、トラブルに対応するときは様々な部署と連携をとりますが、連絡を取るときに慌てすぎると相手も不安になるので、そうならないよう余裕を持てるよう心がけています。まだまだ経験不足なので未経験の対応をするときはあせってしまうのですが、次に同じ対応をするときは少し余裕をもてるよう努力しています。

仕事内容について

WOWOWの回線センターで局内に出入りする信号を監視、調整する仕事をしています。 海外や国内から問題なく信号が届いているのかを確認し、もし問題があればその解決にあたっています。たとえば映像と音がずれて届いた時にはそのずれを調整し、映像の色が不自然な時は色の調整を行うこともあります。また、海外に電話をかけて問題に対応するなど様々な対応をしています。信号が来ている間はどんなトラブルが起こるかわからないので、臨機応変に対応しないといけません。特に生中継ではやり直しがきかないのですぐに対応できるよう緊張感を持って挑んでいます。 その他にも局内の信号の管理や、中継先との連絡システムの構築なども行っています。その為色々な知識が必要ですし、コミュニケーションも求められますが、局内の多くの人とかかわりが持てる仕事でもあります。

東京第1_田中_6

田中 聖也さんのプライベートQ&A

  • 好きな食べ物は何ですか?

    これっというのはなく、嫌いな食べ物でなければ何でも好きです。お菓子が好きでよく休憩時間に食べています。

  • 趣味は何ですか?

    写真撮影です。主に夜景や紅葉など景色をとるのが好きです。他にはゲームをしたりお酒を集めたりしています。

  • オフの日は何をして過ごしていますか?

    趣味の写真撮影に行ったり、家でゆっくりゲームをしたりしています。できるだけ不規則な生活にならないように寝すぎないように気を付けています。

  • 田中 聖也さんのプライベートショット

    東京第1_田中_7東京第1_田中_8