愛媛_小﨑_2加工
愛媛_小﨑_3

放送技術社に入社したきっかけ

私は、学生時代テレビに関わる仕事がしたいと思っており、学校の先生に相談しました。その時に、鹿児島放送の高校野球中継アシスタントのアルバイトを紹介してくれました。その仕事でテレビに関わる仕事の楽しさを知り、さらに高校野球中継だけでなく番組中継や報道でのカメラアシスタントなどのアルバイトにも呼んでいただき、そこで放送技術社の先輩方に優しく仕事を教えていただき、いつか私もこの会社で働きたいと思いました。放送技術社ではカメラ、音声、映像編集だけでなく送出系の業務などもあり、テレビに関する仕事がいろいろあってとても魅力を感じ、受験しました。入社してからも、優しい先輩方にいろいろな技術を教えてもらいながらカメラや音声などの機材を扱わせてもらい1年目から即戦力として仕事が出来る所にも魅力を感じます。

学生時代の自分

私の学生時代は、慣れない環境での1人暮らしと、勉強の毎日でした。私は小学校の時に、遠足でテレビ局の見学に行きました。その時にニューススタジオの見学や実際に使っている機材などを触らせてもらい、その時の感動と興奮が忘れられず、高校生の時にテレビに関わる仕事をしようと映像系の学科がある専門学校に進みました。そこでは、親元を離れての初めての1人暮らしや勉強の毎日でした。私にとって慣れない環境での1人暮らしと勉強の両立はとても大変でしたが、先生や友達に支えられながらなんとか両立しながら学生生活を過ごしていました。その中で、学生生活で1番印象に残っているのが、ドラマ撮影です。シナリオから自分たちで作成し、キャスト選びからロケーション探しまで撮影するだけでなく、それまでの工程を学ぶことが出来ました。作品が完成した時は、半年間かけての作品でしたので、とても感動したことを今でも覚えています。私の学生時代はとても充実したものでした。

愛媛_小﨑_5愛媛_小﨑_4

仕事内容について

入社してからは、報道や企画のロケなどのカメラアシスタントとして研修し、まずは現場の雰囲気や音声としての立ち回りと機材の取り扱い方などを教えてもらいながら現場現場で自分ならマイクをどの位置に付けてどのように工夫すれば視聴者の方に分かりやすい音を収録できるか考えました。ロケから帰ってきてからも先輩がとった音と自分の音を聞き比べながらどうすれば先輩のようにいい音がとれるのか先輩にアドバイスを貰いながら勉強しました。音声は外のロケのミキサーだけでなく、自局のニュースのミキサーも勉強します。ニュースは生放送なので、自分の失敗がそのまま放送されてしまいますので、はじめてミキサー卓に座った時はすごく緊張したことを今でも覚えています。とても大変な仕事ですが、自分がとった音が放送されるのを聞くと、達成感があり、とてもやりがいを感じます。

今後チャレンジしてみたいこと

まずは、1人前の音声マンになる事です。日常勤務をしっかりこなし、みんなに信頼される音声マンになることが自分の一番の目標です。そして将来的には、大きな中継のメインミキサーをやる事です。大きな中継になるとマイクの置く位置や技術間、制作間の連絡系統、アナウンサーの耳の返しを作るなどやることがたくさんあり、それをメインで動かないといけないとても大変な仕事です。ですが、先輩方がメインをやる姿を見て、すごくかっこよく自分の目標になりました。まずはいつトラブルが起こっても対応出来るように、音声機材の取り扱いや音声マンとしての技術などをしっかり勉強して1日でも早く目標を達成出来るように日々頑張っています。

愛媛_小﨑_6

小﨑 拓海さんのプライベートQ&A

  • 好きな食べ物は何ですか?

    私は、鹿児島県出身ですので、さつま汁です。小さいころよく祖母が作ってくれたことをよく覚えています。

  • 趣味は何ですか?

    バスケです。学生時代は早朝にするバスケが好きで、休日はバスケをするためだけに、早起きしてしました。

  • オフの日は何をして過ごしていますか?

    最近はバスケをしたり、天気が悪い日などは、家でゲームしたり、アニメやYouTubeを見たりして過ごしています。

  • 小﨑 拓海さんのプライベートショット

    愛媛_小﨑_7愛媛_小﨑_8.png